日々の食事や来日後すぐの生活に関して質問へのご回答-フィリピン人女性との結婚生活

食事はどのような食事が良いですか?気を付ける事はありますか?

食事はなるべく一緒になされてください。どうして仕事で遅くなる時は必ず電話やメール(LINE)などで、送られた方が良いと思います。

食事に関して新婚生活すぐには、女性の好みが解りません。

そこで、選択をしてしまうのは、フィリピン料理を毎日作らせてしまう事。

将来お子様をお望みの方は、このあたり気を使っていると思います。

将来の子供に妻が作った日本料理も食べさせたい。

そう考えている方は私も同じ意見です。フィリピン料理は相手の国を理解する上で大変重要な事です。私もそれは国際結婚ではとても大切ことだと思っています。

しかし、毎日がフィリピン料理ですと調味料やそれに使うお魚。魚介類など、海のそばにお住いの方は安く入手しやすいですが、内陸部の方や東京、大阪など大都市にお住いの方ですと日本食より遥かに高くついてしまいます。

ID-100239996

ですので、例えば、土日のどちらかの晩はフィリピン料理にし夫婦で決めるか、朝だけはシニガンスープや手軽に入手できるフィリピン料理にするなど工夫が必要だと思います。

日本食を好んで将来の妻に食べてもらえれば、料理のコスト面や将来その調理法も覚るという一石二鳥です。

そのようにご理解をしてもらえればいかがでしょうか?

*フィリピンに精通なされている方は、色々と代用したりし、日本で安価で作り毎日食べる事が出来るかもしれませんが、それも一つの考え方だと思います。

国際結婚の場合、来日後すぐ気を付ける事はなんですか?

皆様と同じ考えだと思いますが、まずは来日後は市町村に行き各種手続きを速やかに行ってください。

奥様の在留カードは奥様自身で入国時に入手すると思います。

zairyucard_omote

出典:入国管理局・在留カード

その後、転入手続きや各種保険等(国民健康保険ご利用の場合はそのまま市町村にて)手続きを行ってください。

また、在留期間は1年間となりますので、その説明と共に警察官に呼び止められた時には日本語がしゃべれなくとも、こちらも速やかに在留カードを提示する事を教えてください。

近所を散歩しながら道案内をしますと、すぐにご近所を理解すると思います。行動力のある女性は来日後すぐに一人で外に出てしまいますが、出来る限り旦那様が付き添い近所をくまなく案内してください。

といいますのは、フィリピンと日本では交通ルールも若干異なります。

私達は赤信号は止まれですが、フィリピン人女性の中には注意深く進んで良いと思っている場合もあります。なるべく、旦那様が見本を示しながら来日後の数日を一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

来日後は少しでも多くの時間を共有してください。また、奥様の気に入った日本食を是非見つけてみてください。

筆者 鈴木(仮名) 40代

ID-100353600

私はヨーロッパ、アジアの国際結婚経験者です。独自のリアルな他と違う目線で、実際の経験から、ズバリお答えします。

国際結婚歴約15年、若くして国際結婚を経験。また、多くの外国人女性との恋愛経験もあり。
独自の目線より外国人に好まれる恋愛観、ファッション、ライフスタイルなどをご提案。
国際結婚では仕送りをせずに結婚生活を送ることをモットーとしています。
また、疑似恋愛・偽装結婚など女性を見抜く目を持っております。
多くの結婚相談所は女性の本当の気持ちを見抜けません。
100%見抜けなくても50%見抜く事ができる力が重要なのです。
現在はシニア向けに国際結婚のアドバイザリーを行っております。

もう一人ではありません。
真剣に国際結婚をお考えのあなたへ

ご自宅にお伺いし国際結婚のレクチャーやお話をいたしております。
基本無料です。(都内からの交通費・宿泊代はお客様負担となります。)

*その場合
【国際結婚のレクチャー希望】と伝えてください。
サマサマネット
〒121-0061東京都足立区花畑2-6-25
TEL:03-5851-7222
営業時間:10時~20時
土日祝日もご連絡ください。

[/wc_box]

*画像はイメージです。(freedigitalphotos.net)