「地方や農村でも幸せに暮らせるか?」フィリピン人女性なら可能性が高いです。

嫁がせるのではなく、ともに暮らすというイメージが国際結婚ではまずは大切。

国際結婚のアドバイザリーはたくさんおりますが、実践的に伴っていない方もおられます。

まずは、国際結婚の経験です。

できれば、ヨーロッパやアジア両方の国際結婚の経験者が優れています。それは今回のトピックでも言えるのですが、外国人女性はだいたい同じ考えをもっています。フィリピン人だからというのは、少し違います。要するに、国際結婚をしなければ、何にもわからないのです。

私はヨーロッパ、アジアの国際結婚経験者です。独自のリアルな他と違う目線で、実際の経験から、ズバリお答えします。

外国人は嫁に来るという表現は少し違います。

これを勘違いしてしまいますと、トラブルの元です。では、どういう事かと申し上げますと、好きだから一緒にいる。ただ、それだけなのです。

ID-10027622

しかし、お金にまつわる問題がアジア人女性”にも”付いてきます。

厳密に言いますとヨーロッパも同じです。これは要求をする頻度や仕方ではなく、基本的に外国人女性は同じ考えを持っていて、もちろん、個々の性格によってその頻度や金額は違いますし、フィリピン人女性でも仕送りが不要の方もいます。

前置きが長くなりましたが、嫁に来てもらうという考えでは、お金を払ってきてもらうという考えになってしまいます。来てもらうのではなくあなたが好きだから、あなたと一緒に暮らすのです。

いわゆる、

あなたの家族を私が助けているから、結婚してね?

そういう関係は、女性にすぐに見透かされてしまいます。

旦那から、私の家族への仕送りがあるから、とりあえず日本にいようかなぁ。と女性に思わせるのは一番良くありません。

女性が男性を愛し、そして妻になりフィリピンと日本とどちらで暮らす事がベストなのかを考えた結果が日本という事が重要です。

フィリピンのミンダナオで暮らすのか、日本の地方都市で暮らすのかではなく、フィリピンか日本かどちらかなのです。

基本的には旦那様側のお仕事の問題で日本に住む事がベストでしょう!となるのが普通です。

あなた自身が性格がよいと思います。なぜなら、国際結婚を知ることの努力をして海外へ渡航し伴侶を探そうとしているからです。

その行動力こそが愛の力であり、女性が一番好む男性なのです。

そして、女性があなたの事を好きだから一緒にいる。

ただ、それだけなのです。そして、女性は男性との家族を持ちたい。あわよくば、日本で働いて両親を助けたい。

それは自然な考えなのです。ここを間違えますと、違い方向に向かってしまうでしょう。

古い考えの両親や親類、友人に国際結婚の理解を取り付けるか?

もし、あなたの高齢のお母様がフィリピン人の妻を含め外国人の妻との交際や、結婚に最後まで理解してもらえない場合、やはり丁寧に説明してもお母様には理解して頂けないと思います。

そこで、来日まで至らず、あきらめてしまう事も実際あります。

世間体や素行が悪いイメージが外国人女性に残念ながら少なからずある事がその原因だと思います。

大抵、

「恥ずかしいから止めてくれ」「フィリピン人は絶対嫌だ」「日本の嫁を探してくれ」

怒っている

そのように、身内はあなたを説得するかもしれません。それも国際結婚の一部だと私は思っています。

それでは、どのように、友人や知人、親戚、ご両親に理解を取り付けるか?

それは女性の服装や、マナー、日本語学習の成果=理解とだと考えているのです。

と言いますのは、結婚後、来日前にその理解を得る事は大変な事です。そもそも、女性に対するイメージがゼロに等しいです。

あなたが、交際中の写真を見せても眉をしかめるでしょう。実際に会ってみなければ何も変わらないというのが率直な所です。

日本にいる大切なご友人などに、自分の妻との結婚の理解を取り次げるには、あなたの妻が認められるように、あなたが変えるしかありません。

それは決して難しい事では無く、愛情と日本で生活する上での教育がとても大切なのです。

教育というと子供にするイメージですが、日本語学習も教育です。マナーや知識はとても大切ですね。

この辺りのアドバイスも私は行っておりますのでご安心ください。

フィリピン人女性が地方の生活に適する訳。そしてご注意事項。

フィリピン人い女性だから、、という訳ではありませんが、比較的どのような環境でも適応できるのはやはり、アジア系の女性ですね。その理由はアジア人女性は比較的日本の事を理解している。ヨーロッパに行きますと、日本人って!?という方が未だ多くいます。

その理由として、ヨーロッパではジャパンプレミアム(古い言葉です)が起こらず、さほど日本を認知されず、女性に関しては特有の美的センスを持ち合せていますので、地方の素晴らしさや日本家屋や日本の古いしきたりにマッチしない事も多々あります。

家族を大切にし、ホスピタリティを持ち合せるフィリピン人は地方の生活でも比較的順応できる可能性は高いと思います。

ホスピタリティを持ち合せるフィリピン人だから、旦那である私の事も愛してくれるはず!

そう思うのは、少し軽率です。

女性があなたのお金に惚れるのではなく、あなた自身に惚れさせなければいけません。

その上で、フィリピン人特有のホスピタリティを発揮すると思うのです。

地方でご一緒に暮らすご注意事項としましては、やはり愛情です。

妻への愛情が無ければ、どの環境でも旦那様への愛情が気薄になる事は十分ご注意ください。

筆者 鈴木(仮名) 40代

ID-100353600

私はヨーロッパ、アジアの国際結婚経験者です。独自のリアルな他と違う目線で、実際の経験から、ズバリお答えします。

国際結婚歴約15年、若くして国際結婚を経験。また、多くの外国人女性との恋愛経験もあり。
独自の目線より外国人に好まれる恋愛観、ファッション、ライフスタイルなどをご提案。
国際結婚では仕送りをせずに結婚生活を送ることをモットーとしています。
また、疑似恋愛・偽装結婚など女性を見抜く目を持っております。
多くの結婚相談所は女性の本当の気持ちを見抜けません。
100%見抜けなくても50%見抜く事ができる力が重要なのです。
現在はシニア向けに国際結婚のアドバイザリーを行っております。

もう一人ではありません。
真剣に国際結婚をお考えのあなたへ

ご自宅にお伺いし国際結婚のレクチャーやお話をいたしております。
基本無料です。(都内からの交通費・宿泊代はお客様負担となります。)

*その場合
【国際結婚のレクチャー希望】と伝えてください。
サマサマネット
〒121-0061東京都足立区花畑2-6-25
TEL:03-5851-7222
営業時間:10時~20時
土日祝日もご連絡ください。

*画像はイメージです。(freedigitalphotos.net)